2016年12月14日

ノート2(開) 新刊のご案内

究極の英語「音トレ」

ototore.jpg 発音とリスニング力を同時に伸ばす!
 究極の英語「音トレ」
 著者: 阿部 一
 A5版書籍228ページ+CD2枚
 本体価格2,000円+

 ■「自分で発音できる音は聞き取れる」
 だから、発音練習を徹底して一度やってしまいましょう
 というのが本書のねらいです。といっても、英語のさま
 ざまな発音や音変化をひとつずつ攻略するのではなく、い
 くつかの音をペアで練習したり、最重要パターンの音変化
 を押さえることで、最短コースでマスターします。


 たとえばTOEICテストなどで高得点を取ったとしても、試験用のコントロールされた音声は生の英語とは異なります。自分のスコアと実際の英語の運用力のギャップに悩んでいる人は、発音を鍛えることで生の英語の壁を壊すことができます。
 まず姿勢から注意し、自分の身体を楽器のように見立てて、大きい声でしっかり音を出して行く練習は、リスニングとスピーキングに同時に効く「筋トレ」のようなもの。使える英語の確かな土台となります。


■最大効果を上げる5つの音の力
最初は強くてクリアな「ア」、次に弱くて小さい「ア」で母音力をつけます。続けて、きれいに響く[s]で子音力をつけ、日本人が最も苦手な[r/l]、バイブレーションが鍵となる[f/v]を攻略します。いずれも、単語→1文→短い会話の順番で、繰り返して練習します。

■発音力とリスニング力を同時に鍛える「デュアルタスク・トレーニング」
ひとつの音だけが異なるペア単位でトレーニングすることで、似た音の区別ができるようにします。Sankとthank、rightとlight、feelとheel、catとcutなどの違いを自分の身体で受け止めて、できる限り近い形で発音する練習です。

■「発音力」を「瞬発力」へ変換する
「飲み込まれて消える音」「飲み込まれて消えることで生まれるリズム」「つながる音」「くっついて変わる音」「縮む音」に焦点を絞り、単語→フレーズ→1文→スタジオ録音の会話→生の会話へとステップアップします。生の会話の素材としてはジョージ・クルーニーやトム・ハンクスなどのインタビューも使います。

■発音トレーニング辞典
日常会話に頻出する単語の中で、日本人学習者が苦手なものを厳選してリスト化。単語の「強形・弱形」トレーニング、フレーズ単位でトレーニング、さらに会話のトレーニングが容易にできるようにしています。



阿部 一
阿部一英語総合研究所(英総研)所長。元獨協大学外国語学部及び大学院教授。NHKラジオ「基礎英語3」元講師。応用言語学の最新理論と実証データに基づいた独自の研修プログラムを開発し、日本のトップ企業や官庁、大学を中心とした各教育機関で集中研修などをおこなっている。

[電子版サンプルをご覧頂けます]
posted by Paperback Writer at 16:10| Comment(0) | 日記

2016年09月28日

ノート2(開) 新刊のご案内

英語でおしゃべり スモールトークに強くなる

smalltalk.jpg コスモピア編集部 編
A5判194ページ+CD(53分)
本体価格1,800円+税

●何を話したらよいのか迷ってしまう人へ

「スモールトーク」とはちょっとした雑談や世間話のことですが、英語圏ではそれは「文化」のようなもの。初対面であっても気軽にスモールトークをすることが、当たり前のようにおこなわれています。日本人は仕事のことであれば英語でやり取りできても、スモールトークは苦手という人が少なくありません。仕事の専門用語はわかっても、スモールトークはいつ、どんな話題が飛び出してくるか予測できませんし、そもそも慣れていないからです。日常生活でもビジネスでも、最終的には個人と個人の信頼関係が重要になります。相手との距離感を縮め、相互理解の架け橋となるスモールトークをいかに乗り切るか、そのテクニックやネタ帳を紹介します。


●30人に聞くスモールトークを乗り切るコツ

日ごろから英語を使っている達人30人にインタビューしました。苦労話や失敗談、体験談、さまざまなアドバイスが満載です。

・安河内 哲也(東進ハイスクール講師) 「まずは相手のことを褒めよう」
・柴田 真一(目白大学教授) 「自分の国のことをよく知ることから」
・青野 仲達(ビジネス・ブレークスルー大学教授) 「自分の興味のあることをエッセイで整理しておく」
・浦島 久(ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長) 「好奇心をもって人の話をよく聞こう」
・高橋 基治(東洋英和女学院大学教授) 「得意じゃない話題は徹底的に聞き役に回る」
・スティーブ・ソレイシィ(英会話コーチ) 「ライトユーモアで場をなごやかにする」
・ダニエル・ヘグウッド(弁護士) 「アメリカではスモールトークを避けるほうが難しい」



●あいづち27表現から生スモールトーク10連発まで

最初のひとこと、共通の話題を見つける、沈黙を避ける、わからないと伝える、話しやすい話題に変える、相手を褒める、日本について話す、相手の国のことを話題にするときのテクニックや具体的なセンテンスをリストアップ。あいづちのバリエーションを増やすだけでも、コミュニケーションはグンと楽になります。さらに、日本食、天気などに関するネイティブ同士、ネイティブと日本人との生スモールトークを紹介し、付属CDに収録しています。

[電子版サンプルをご覧頂けます]
posted by Paperback Writer at 17:50| Comment(0) | 日記

2016年04月20日

速報! 新規通信講座 ACT in English シリーズ「どんどん話せる!スピーキング実践コース」2016年4月1日スタート!

 この度、今年1月よりスタートしました、新しい通信講座 ACT in English シリーズ「スピーキングコース」の2コース目となります「どんどん話せる!スピーキング実践コース」が、4月1日より開講いたしました。
 プレ告知としまして、昨年7月よりご案内をさせていただいておりましたが、1月に開講したました「声に出す!スピーキング基礎コース」に引き続きご採用をいただいた企業様などをはじめ、たいへんご好評をいただいております。改めまして御礼申し上げます。

詳細につきましては、下記にリンク先にてご紹介をさせていただいておりますので、ご覧いただけましたら、幸いです。

Act in Englishシリーズ:どんどん話せる!スピーキング実践コース

お問い合わせ等はこちらまでお願いいたします。

posted by Paperback Writer at 23:52| Comment(0) | 日記